不用品回収の費用を抑える方法

安さを求めるあなたに

>

引越しゴミの処分するコツとコストを抑えるためのポイント

どんなゴミが出る?

だいたい引越しで出るごみは、可燃ごみや不燃ごみ、家電、大きい家具など、いろいろと出てきますよね?
しかも、種類によっては手続きなんかをしなくてはならないし、そのゴミの回収場所までこちらで持って行かないといけなかったりと手間が生じてしまいます。
そしていざゴミがでてくると、量や種類が多い、物干し竿、カーテン、絨毯など想定外のゴミ達がでてきたり、捨てるのがもったいないものがあったり、回収方法が複雑だったりします。
そしてテレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫などの家電は家電リサイクル法に指定されています。そのため粗大ごみとして処分できないのです。小売店や郵便局でリサイクル券を購入し手続きをしなくてなりません。

利用時のポイント

業者が行っている料金の決定方法ですが、回収する家具や家電の種類などを確認し、それぞれの費用を合計することで算出されています。
なので回収されるゴミの量、数が少ないほどその分料金も安くなることが多いです。
ですが、処分したい家財道具や家電が多い場合は、高くなってしまいますので、そういう時はパック料金を利用するといいでしょう。
パック料金は業者が固定の料金を決めているため、その範囲で収まるのであればお得で便利なシステムです。

回収業者によっては様々なタイプのパック料金を用意していることがあります。
なので使用する際は各業者のプランの内容をよく確認しておくことが必要です。
だいたいあるパターンとしては、基本料金プラス回収品目ごとの費用プラス追加料金がひとつ。
二個目に回収品目ごとの費用プラス追加料金。
最後にパックプランのパターンが多いです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る